BBX
 

日本語版siriたんを使ってみた

 iPhone4sが発売された当時から、付随する新機能の中に、利用者をサポートしてくれる,「Siri」と言う機能が付いてました。

siri-01
my iPhone4Sの近影です。

この「Siri」のすごい所は、会話形式で色々なサポートをしてくれる所です。

電話を掛ける事も、メモを取る事も、天気予報を聞く事もできます。
ただ、当時は「英語」にしか対応してなくて、英語の話せない私が無理やり質問しても、
siri「おめーの言ってる事はわかんねーよ!」しか言ってくれませんでした。
そんな事もあって、折角の機能もあまり利用する事はありませんでした。

しかし、この度ついに!ios5.1へのアップデートと共に、
日本語版「Siri」さんの登場となりました。

さて、この日本語版「Siri」の気になる使用感ですが、こちらの問いかけに対する反応は
すばらしいです。日常会話程度の単語はほぼ確実に理解してくれます。

siri-02

もちろん、電話やメールも出来ますし、メモを取ったり、カレンダーに予定を入れたり、天気予報を聞いたり、
プロポーズする事も出来ますwww。

siri-03
天気予報を聞いたり

siri-04
自分の事を「名前」や「あだ名」等、いろんな名称で呼ばせる事もできます。

siri-05
こちらの熱い情熱的なプロポーズはやんわりとスルーされます。

この会話よるやり取りを味わえる「Siri」ですが、この音声入力がなにげにスゴイです。
こちらの話す内容はある程度理解してくれるので、メールやメモ等、今まででフリック(指入力)していた事が、自分の発する声をそのまま文章にしてくれるので、かなり感動ものです。

siri-06
多少おかしな所もありますが、このような長文でもガンバって認識してくれます。

この日本語版「Siri」の登場により、ますます林檎信者になった事は、間違いありません。

日本のメーカーも、無駄な機能を満載にする事に主力を注いでいては、いつまで経っても日本のガラケー()と言われ続けますので、何か革命を起こしてくれないかなーと、願う今日この頃です。