BBX
 

あこがれの車「R8」を作ってみる

 久々にCGで車でも作ってみようと思い立ち、何を作るかを思案する事15秒、やはり折角作るのなら来世で購入するであろう予定の
アウディーR8」です。

国内でも、海外でも作成される3DCGでは人気の車です。

この車の特長は、なんといっても美しいBodyライン!流線型のいかにも未来的なそのデザインに惚れまくりです。
この名車R8ですが、もとは2003年のフランクフルトモーターショーでお披露目されたアウディーのコンセプトモデルで、その名はR8ではなく「アウディ・ルマン・クワトロ」でした。

当時ネットでそのお姿やご尊顔を見たときにあまりの美しさにため息を連発しましたね、今でも写真だけで飯が三杯はいける自信があります。
映画「アイアンマン」のトニースターク社長の愛車でもあるこのR8ですが、見た目ほどにはパワーはありません。(そんな事は微塵も気にならない位の気品がこのR8にはあります)

R8-01
最高出力309kW(420PS)、最大トルク430Nm 希望小売価格は1994万円

今回は、このR8を作っていこうと思います。
出来れば年内で作れたらなーって感じです。(まー絶対に無理ですけど)

って事で、まずは恒例の4面図なるものをグーグル先生のお力を借り、取り寄せます。
r8-02

こちらがR8の4面図になります。すごく真面目な図面にみえますが、何故かこの類の車の図面は「正面図」「側面図」「上面図」ともに微妙にズレている事がデフォだったりします。(T_T)
そこを強引に作っていくのが楽しかったりしますけどね。

んで、この画像をBOX形状に貼り付けします。
この辺はオリジナリティー要素皆無でして、
定石にのっとった造り方しかしませんwww
r8-03
ここが、R8を作成する舞台になります。

この舞台に基本となるBOXをサクサクっと造ります。
r8-04

この作業途中にいつも思うのですが、しょぼい基本形状から最初の写真にある車に本当になるのか?不安になりますw(;・∀・)ダ、ダイジョウブカ…?

そんな不安を払拭する為に、一心不乱に作成作業を続けます。ある程度の全体像が決まったら、フロント部分より整えていきます。
r8-05

車作成の流れとしましては、「ラフな全体のBody作成」→「フロント&中Body&リアに分割する」→「フロントの大まか作成」→「中Bodyの大まか作成」→「リアの大まか作成」→「フロントの詳細作成」→「中bodyの・・・(ryのループ作業です。
かなり地道な作業ですが、かなり楽しいです。
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

と言う事で、今日はこの辺でm(_ _)m