BBX
 

「CryEngine 3」で一戸建てを建ててみる_其の壱

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ
毎日寒くて、寒くて、寒くて、鼻水がエンドレスで止まらず、ティッシュの消費量がハンパない事になっており、
なんだか思春期の男子高校生的な感じでゴミ箱がティッシュでお腹いっぱいな今日この頃、
皆さんはいかがお過ごしですか?

今日は、「CryEngine3」上に男の夢の一つであります、一戸建ての住宅(プール付き)を建ててみたいと思います。

ここで「CryEngine3」とはなんぞや?という方の為に軽く説明しますと。
ゲームを作成するためのツール、いわゆるゲームエンジンってヤツです。

日本で他に有名なツールには「Unity」や「UDK」等乱立していますが、何故「CryEngine3」かと言うと、比較するとシェーディング表現が一番キレイだったからです。

ウチの過去ブログに「CryEngine3」に関するネタが数点有りますので、興味のある方は覗いてみてね。

という事で早速、建物を造っていきましょう。
mybuild-01
私は、3Dの建物(建築パース)を造る際に、ゼロから3dsMax上で建てる事は未熟者ゆえ、不可能なので、最初に2DCADにて図面の様な物を描いて、それを下地に立体化していきますよ。
(↑図は、日本一有名なCad「Jw-Cad」を使って、今回建てる建物を図面化したところです)

mybuild-02
Jw-Cadの下地を利用して、3dsMaxにてチャチャっと作業するだけであっという間に立体化出来たりします。
この偉大な2つのソフトの連携により、比較的簡単に建築パースが作成出来たりするぜ!
(※簡単とか言ってしまいましたが、この言葉は2.3回吐血する修行の上に成り立っていますよ)

mybuild-03
こちらが3dsMax標準搭載のメンタルレイにてレンダリングしたリビングです。

mybuild-04
そしてこちらが別アングルの和室です。
 ↑図をご覧頂くと、外部の窓や玄関ドアが入っていませんがそれには訳があります。
CryEngine3にデータをインポートする際に、建物+建具だとデータが重い(複雑)でエラーが続出
(最悪Maxが落ちます)だったので今回は建具は別で取り込む事にしました。

さて、いくつかのエラーを乗り越えて、無事にCryEngine3にデータがインポート出来た所で、いよいよ夢の一戸建てを建てる時が来ました。
早速CryEngine3を起動しましょう。

mybuild-05
起動した所で、以前作成しました「びっと島」を読み込みます。
今回の一戸建ては「びっと島の”び”」の縁にそびえる崖に建ててみたいと思います。
(※びっと島の詳細は過去ブログをサルベージしてくれ)

mybuild-06
まあなんだ、建てると言っても作成したデータを読み込むだけなんですけどねww
ポスっと配置するだけの簡単なお仕事です。

mybuild-07
こちらが寄りのアングルです。
なかなかキレイでしょ。

mybuild-08
そしてこちらがリビングになります、比較する為に3dsMaxと同じアングルにしてみました。
とりあえずのテクスチャを貼っただけなので、質感はまったくありませんが・・・
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

mybuild-09
同じく和室のアングルです。(床の間の半柱のテクスチャ間違えたw)
3dsMaxと比較すると、「CryEngine3の方がなんか荒くね?」と思っている方もいるんでしょう・・・
だがしかし!
CryEngine3はゲームエンジンなんだよね!
って事は↑図はリアルタイムレンダリングなんだよね!!
要するに↑図のまんまグリグリ動かす事が出来るんだよね!!!

mybuild-10
興奮してしまい、折角の新築(途中ですけど)の壁にマシンガンをぶち込んでしましまいた。

って事で、今日はこの辺で
次回は建具をはめ込んで、家具などを配置してみようかと思っとります。

んじゃ~
ヽ(;´Д`)ノシ~~マタネー♪