BBX
 

「Google Drive」を使ってみよう!

IT列強googleの「Google Drive」を運用スタート時に申し込んでから早数日、ようやく私の所にも、「使って(・∀・)イイ!!よ」とアナウンスされたので、早速使ってみました。

「Google Drive」とは、Googleの既存のサービスである「ストリートビュー」を使った、
ナビゲーションシステムである(きりっ!!

と言うのは冗談で、簡単に言うと「クラウド」の事ですね。

クラウドと聞いて真っ先に思いつくのが「Dropbox」です。
2.3年前から利用していますこのDropboxですが、こいつがかなりお手軽且つ便利で重宝しております。

職場と自宅間のデータのやり取りは勿論の事、ちょっとしたpdfやtxtファイルとか、
写真や音楽(mp3やaac)ならiPhone等のスマフォでも3G回線で余裕で利用出来たりします。(動画も見れますが、帯域制限喰らいそうなので、怖くてWi-Fiでしか利用していません。)

「んな事は知っとるわ!」と言う皆さんの声が大多数なので、ここではあえてクラウドのスマートな使い方は書きません。(ぐぐれば、ありがたい事に沢山出てきます。

話は戻りましてクラウドといえば他に、マイクロソフトの「Sky Drive」やAppleの「iCloud」等ありますが、この過当競争真っ只中のクラウド事業にあえて参入するGoogleが、只のクラウドを提供するとは思えません。
現在利用中のDropboxと同等、或いはそれ以下だと、使う価値も無いに等しいので「何かあるはず!」と相違点を探りつつ、他の方のレビューも参考に使ってみました。

まず、容量を現在利用中の各クラウドと比較すると・・・
■GoogleDriveは5GBまではフリーで、追加料金最大で16TB(月額6.5万)まで準備されています。(16TBて・・・
■Dorpboxは2GBまでフリーですが、色々な技を駆使すると5GBくらいまでは増量できちゃったりします。
■iCloudも同じく5GBまではフリーで使用できます。(私は現在iPhoneのバックアップとフォトストリームくらいしか使っていませんが)

こんな感じで、容量に関してはどれも同じ5GBですね。

次に、注目していた「OCR」を使った検索機能ですが、試しに↓のパリスヒルトンのtwitterをキャプった画像(jpg)を利用して確認しました。
google-01
確認ついでにExifの有無で違いは有るのか?も試したところ、全く関係ありませんでした。

(あたりまえかw)
google-04
「sample-a.jpg」がExifなしで、「sample-b.jpg」がExifありです。
ファイル容量は変わりますが、画像は全く一緒です。
両方共しっかりと、検索にヒットします。
今のところ、日本語には対応していませんが、そのうち対応するんじゃないかな?

次に注目の機能は、Google ドキュメントを利用した色々なファイルを表示する機能です。Office系の(Word/Excel)は勿論、AppleのiWork系(Pages/Numbers)やAdobeの (Photoshop/Illustrator)等々、30 種類以上のファイルをそれぞれのソフトが無くても、表示することができる機能です。

これも早速、手持ちのIllustratorファイルで確認しました。
↓が元データです。
google-02

これを、Google DriveにてWeb上で見てみると・・・

google-03
あれ?ところどころ自作のスウォッチパターンが抜けてるな・・・

ま、まあ、よく解りませんが、なにか設定があるはず!めんどくさいので追求はしませんw

Office系は編集も出来るとの事なのでExcelで試したところ、閲覧はできますが編集は出来ませんでした。orz
PhotoShopに至っては、ファイルが重すぎて見ることも出来なかった(T_T)
(仕事で扱うフォトショファイルは重くて当たり前なんだが)この辺の機能に関しては今後改良されるのか?もしくは私の使い方が未熟すぎるのか?どちらにせよ、今のところ情弱な私は「見るだけならpdfに変換して、うpすれば(・∀・)イイ!!やん」という結論に達しました。

最後になりますが、一つだけ「これは使える!」と思ったのが、セキュリティーに関する点です。クラウド上のデータを他人に渡す際にデータのリンクを相手に教えるのですがDropboxだと、リンクさえ解ってしまえば誰でもアクセスできちゃいます。
これでは、仕事上の他社とのやり取りには使いづらいですが、Google Driveでは権限を付与したユーザーにみ利用を許可する事が出来ます。但しそのユーザーもgoogleアカウント所持が条件ですが・・・

今まで行なっていた重いデータのやり取りが(宅ふぁいる便やレンサバにうp)が、クラウドからアドレスを送るだけという、簡単なお仕事に変貌しますね。( ̄ー ̄)bグッ!

そんなGoogle Driveですが、利用する上で注意しなければならない大事な点があります。

(Google Driveの利用規約)
当社サービスにコンテンツをアップロードすることにより、
あなたは当社及びその提携先が世界中の国においてそれらを利用し、
ホストし、保存し、再利用し、訂正し、派生コンテンツを制作し、