BBX
 

「ほむほむ」を造ってみる_その壱

 某まとめサイトにて「まどマギ」のマミさんを3Dで造っている方がいて、そのあまりの出来の良さに感銘を受けつつ触発されて、ねんどろいどを造ってみようと思い立ちました。

どうせ造るなら「まどマギ」では、「暁美ほむら」推しな方なので、”ほむほむ”を造る事にしました。
ネットで検索した画像です。こんな感じのほむらちゃんを造っていきます。
homu-01

homu-02
どこから造り始めるか?順番は、個人差いろいろあると思いますが、私は頭部から造ります。(普通かw)
Box形状からエッジを追加して頭部に見えるように整えます。

homu-03
今回作成するのは、リアルフィギュアではなく「ねんどろいど」なので、まあこんな感じで頭部はおk!

homu-04
続いて前髪と造ります。さすがに髪の形状は下地を見ながらでないと無理ゲーな作業なので、写真をテンプレートにして造っていきます。
(なんだか、平面の写真に立体的な髪が浮いているので変な感じですがww)

homu-05
サイドからフェイスラインにかけての髪を造ります。
こちらも写真をベースに平板ポリゴンを延長しながら整えていきます。

homu-06
バック部分は、かなりのボリューミーな感じなので、多少大袈裟かつ大胆に造ります。
(注、ここはカリスマになったつもりでイイと思うよ♪)

homu-07
髪を造る時に苦労するのがこの襟足から髪先までのライン造りですよね。今回も延々とメンドクサイ作業が続きます。ガイドの写真が無いと絶対に無理だと思われます。

homu-08
こんな感じで、なんとか形になってきました。
3D作製の時はいつもの事ですが、最初から細部にまで拘って造ることはありません、絵を描く時と同じで最初はラフから造って、全体像が見えてきたら細部の修正という工程で仕上げていきますよ。

homu-09
って事で、出来た形状をシンメトリーコピーして全体のボリュームをチェックします。
最終的には左右の髪形状は違和感なく変化を付けていきますが、とりあえずはこんな感じの同形状でおk。

homu-10
そして、こちらが今回作成した形状のレンダリング画像です。まだまだ荒削りですが、なんとか土台は出来ました。これの細部をキレイに整えていく作業がメンドクサイですが、以外にも楽しかったりしますよ(`ω´)グフフ

って事で、今回は終了です。
次回は、頭部を仕上げるか、体部分を造るか、もしくは前回の作業からホッタラカシの「R8」の内装を造るかwまだ、考えていません。
んじゃ(_´Д`)ノシ~~マタネー