BBX
 

出る杭は打たれるか、それとも・・・

 最近なにかと話題の大阪市長選ですが、他の対立候補はなく、2人の一騎打ちとなるそうです。
その2人とは、平松邦夫市長と橋下徹前大阪府知事の事です。

両氏の政策内容は詳しくは解りませんが、(どうせ政策なんか誰も聞いちゃいないと思います)
一般庶民の私が注目しているのは一点だけ、橋本氏の提示する「公務員の削減」についてです。

現在、大阪の財政が圧迫している状況なので、まずは、「大阪府と大阪市とを分散している権限を 一本化させることで、ムダを削減しましょう」と言う内容です。

簡潔に言うと、一般公務員の給与は民間との差を縮めるべく設定し、無能で価値のない公務員はクビにしましょうって事ですねwww。
単純ですが、これには一般庶民のわたしは大賛成です。

しかし、当然反対するのは当事者である、公務員の皆さんです。順風満帆だった親方日の丸号が暗礁に乗り上げるわけですから、そりゃあ絶対反対ですよね。

こうなってくるともはや、平松vs橋本ではなく、公務員vs橋本あるいは、公務員vs一般庶民に代わってきていると思います。(実際、反橋本派は橋本以外なら誰でも良い的な感じがしますし)
当事者には申し訳ないが、そこが非常におもしろい。

反橋本派には、既得権益にしがみつく役人や議員達と、それにおこぼれをもらってる業者がいます。
彼らは組織票だけでは有権者には勝てない事は解っているので、マスゴミを使って「橋本はブラック」を洗脳しようと必死です。(あからさまな橋本潰しが逆に笑けてきます)

そんな各方面からのバッシングにも負けることなく、堂々と立ち向かっている人物が橋本さんです。
今、彼は人生を賭けて大阪を変えようとしています。
過去の老害たちが、ほったらかしてきた所為で壊れかけている大阪を守ろうとしています。
このまま何もしなければ、夕張の様に大阪が財政破綻する事は、誰の目にも明らかです。
そんな皆が持っている危機感をなくそうと必死にガンバッています。
起こした行動に対する結果がどうなるかわかりませんが、私は橋本支持派です。

彼には、この日本の縮図のような戦いに是非勝って欲しい、そして彼のような権利や欲望に負けずに(ハニトラにも引っ掛からないww)、民意を第一に行動できる、第2、第3のヒーローが誕生することを切に願いますよ。

こういう、当たり前の事ができる人材は、今の日本にはなかなか居ません。